転職の2008年10月

2008年10月:今現在転職を考えている方向けのイベント情報専門サイトです。知っておかないと損な話満載!

≫ EDIT

スポンサーサイト

転職の裏ワザをお探しの方へ

わずか3秒で面接官の心を掴み、
面接合格率を格段にアップさせる『面接力』を手に入れる方法!

↓詳しくは↓


~箱田式面接術~

転職ちゃんねるがお届けする今回の特集はコチラです!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングをチェック♪⇒にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

| スポンサー広告の一覧 | 転職ちゃんねる

≫ EDIT

転職する前に読むべき本

転職の裏ワザをお探しの方へ

わずか3秒で面接官の心を掴み、
面接合格率を格段にアップさせる『面接力』を手に入れる方法!

↓詳しくは↓


~箱田式面接術~

転職ちゃんねるがお届けする今回の特集はコチラです!


先日「転職は1億円損をする 石渡嶺司氏」を読みました。

まず転職者は転職すればするほど、履歴書に傷がつきます。
また平均すると年収も減るのは業界関係者にとって常識です。
それにもかかわらず、人材紹介会社は転職をあおり、ビジネスを展開&拡大させています。

なんと最近では、人材の質が低いという問題が多発しているようです。

この本では、転職ビジネスの裏の部分の問題点がたくさん書かれている。
なので、転職活動をする前に読むべき1冊ですね。


~以下引用~


・関係者はほぼ全員が「転職は損」という事実を知っている。
ところが、ただ一者、この事実を知らない人々がいる。
それが、20~30代の転職を希望する社会人だ。

・仕事への情熱を持てず、会社の体質にもなじめない以上、成績を上げられるわけがない 転職者を採用する企業の人事担当者は、早期転職者の商品価値を高くは評価しない。

・『企業にとって、転職者はある程度の専門性を持っているから評価ができる。でも早期転職者は一体何ができます?数年どころか数ヶ月で辞めて、技術や専門知識などろくにあるわけがない。そもそも、彼らは最初に入った会社にどれだけ損失を与えているか、分かっていない。』

・ 『賃金構造基本統計調査』(厚生労働省)の、その名も『転職による生涯所得減少率』という調査がある。2005年調査によると、「転職なし」の減少を0とした場合、25歳で3パーセント、35歳で11・1パーセントの減少となる。40歳では12・5パーセントの減少である。

・平均すれば、必ず転職者の年収は下がる 技術を持っている上司からは、マンツーマンで指導してもらって、その技術をタダで教えてもらったほうが、絶対に得なのです。

・転職会社は『転職が多いほど儲かる』ということになる。

・単純に言えば、こういう会社にとっては「みんなが転職を繰り返す」状態が一番ビジネスになる。

・『エントリー機能でいくら、マッチングでいくら、ナントカでいくら、と金を取っておいて、情報を転職サイトに流すのですか? ということはうちは就職サイトでお金を取られ、その就職サイトのリスト転用のために今度は人材流出に悩むわけですか。わが社をバカにするにもほどがあるでしょう。』


~引用ここまで~


それにしても、今日は暑いですね。
10月に入ったってのに、う~ん異常気象ですな><
それではまた☆
ランキングをチェック♪⇒にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

スポンサーサイト

| リクルートの一覧 | 転職ちゃんねる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。