転職の2008年07月

2008年07月:今現在転職を考えている方向けのイベント情報専門サイトです。知っておかないと損な話満載!

≫ EDIT

スポンサーサイト

転職の裏ワザをお探しの方へ

わずか3秒で面接官の心を掴み、
面接合格率を格段にアップさせる『面接力』を手に入れる方法!

↓詳しくは↓


~箱田式面接術~

転職ちゃんねるがお届けする今回の特集はコチラです!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングをチェック♪⇒にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

| スポンサー広告の一覧 | 転職ちゃんねる

≫ EDIT

ストレスについて

転職の裏ワザをお探しの方へ

わずか3秒で面接官の心を掴み、
面接合格率を格段にアップさせる『面接力』を手に入れる方法!

↓詳しくは↓


~箱田式面接術~

転職ちゃんねるがお届けする今回の特集はコチラです!


現在は、ストレスやパワハラ、うつ病、転職、フリーターやニートというような、バブル世代には聞かなかった事が、現在では当たり前である意味、ブームみたいなものですが、昔と今では何でこんなに違うのでしょうか?
本当に現代の若者が弱くなったのか、昔も同じだけど、言葉がなかっただけですか?


>昔から
「今はストレス社会だ。」
って言われてます。

現代だけが特別ストレス社会だと言うわけではありません。



>昔からストレス社会なのは上で皆さんが指摘している通りでしょう。
現代社会でストレスが多いと感じるのは中国産野菜やジャンクフードのせいでホルモン分泌に異常をきたして生理的にストレスに打たれ弱くなっているのが一因だと思います。



>・年功序列だったのが成果主義になった
・成果の評価に主観が入ることが多い
・かつて一般職正社員がやっていた仕事を派遣・バイトがさせられるようになった 昔はバイトは本当にお手伝いレベルでどんなアホでも勤まったが、今はそうではなくなった 当然、一般職正社員、総合職正社員もさらに責任ある仕事が課され、労働密度が濃くなった
・昔は百貨店、スーパーなどは10:00-18:00営業で定休日もあったが、今は9:00-24:00で定休日なしが当たり前になった コンビニに至っては365日24時間営業 ファミレスもこんな感じで、不規則長時間勤務の人が多くなった
・コスト削減がどんどん進んで職場から人が減った 限界カツカツの人数で回している 余裕がなさ過ぎる
・それでいて給料が減ってる人が多い
ランキングをチェック♪⇒にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

スポンサーサイト

| リクルートの一覧 | 転職ちゃんねる

≫ EDIT

インターンシップへの参加

転職の裏ワザをお探しの方へ

わずか3秒で面接官の心を掴み、
面接合格率を格段にアップさせる『面接力』を手に入れる方法!

↓詳しくは↓


~箱田式面接術~

転職ちゃんねるがお届けする今回の特集はコチラです!


インターンシップに参加することによって就職に有利に働くのか?


>会社にもよるだろうが、多くの企業では話のネタになる程度でさほど大差はないのが実情。なお、インタに参加した企業へ就職する場合は、インタでの活動ぶりが評価されれば、有利に働くのは想像に容易いこと。

企業の目的も色々だが、大抵は下記の2つを目的にする場合が多い。
1.良い人材がいればそのまま取り込みたい。
2.口コミで周囲に宣伝してほしい。

企業としては、生半可な気持ちでは参加してほしくないだろうが、別に構えずに受けたいと思えるインタに参加すればいいと思う。



>就活を通して、ひとつだけ、言える事があります。
「インターンやったから有利」だの、「OB訪問したから有利」だなんて事は一切無い。
インターンに参加する学生なんて、全ての企業を合わせると、何万といます。
私からアドバイスとしまして、今やってる事に全力を尽くせと言いたい。バイトなり、部活なりで、少しでも色んな自分を知るべきです。



>選考に有利不利かはともかく、インターン先でのリアルな経験を面接や職場選びの材料にできるか、経験を生かせるかは自分次第だと思います。

インターン先に受かるためにやる、でなく、もっと広い視野でチャレンジしたら楽しいと思います。



>インターンのいいところは、その企業の内側を直に就職する前に見る事です。

行きたい業界や、受けたい会社でインターンがあれば、受けてみては?

就職してから、「こんな仕事と思わなかった」とならない為にも、いい経験になるかと思いますよ。

教育実習に臨むくらいの気持ちを持って参加されては。
ランキングをチェック♪⇒にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

| リクルートの一覧 | 転職ちゃんねる

≫ EDIT

面接の極意

転職の裏ワザをお探しの方へ

わずか3秒で面接官の心を掴み、
面接合格率を格段にアップさせる『面接力』を手に入れる方法!

↓詳しくは↓


~箱田式面接術~

転職ちゃんねるがお届けする今回の特集はコチラです!


1、変に猫をかぶろうとするから緊張するのです。
いかにいつもの自分を出せるか!です。まずは落ち着くこと。
で、質問に答えられなかったらどうしよう?とか不安はあるかもしれませんが、普段の自分を出せばいいのです。
礼儀正しく、はきはきと喋る、相手の顔を見て。自分に自信を持ちましょう!
自分のペースにもっていけばですよ★


2、自分でビデオに録ってみることをお勧めします。
早送り再生をすると自分の動作のクセなどが見えます。
自分を客観視することにより面接のポイントも見えてきますよ。


3、派遣会社とか、人材紹介をしてる会社では無料で面接の練習とかして、思ったりした事をフィードバックしてくれる所とかあります。
選り取りみどり沢山あるので、ネットで検索してみて、信頼出来そうと思った所に依頼してみては?


4、結局は場数を踏むしかないと思います。
最初の頃はなかなかまともに受け答えが出来ませんが、何回も面接を受けるうちに、しっかりと面接官とやりとりができるようになります。
履歴書やエントリーシートの内容や書き方、筆記試験もまた然りです。
ことごとく落ちまくっていたのが、コツを掴んでからは、ほとんど落ちなくなりますよ。
もちろん、あらかじめ対策を立てておくに越した事はありませんが。


5、面接本の2~3にでも目を通し、実際に少しでも興味を持った会社の面接を積極的に受ければいい。それだけで実践経験が積める。


6、*まずは自分軸をしっかりすること。これが1番大事で、基盤。
*どうしてその会社を選んだのか(志望動機)、HPみるなど魅力・共感できることをまとめる。
*今までの経験をいかして、どう活躍できるか。今までの具体的なエピソードを交えていえるといいらしいです。

自分軸がしっかりしていれば、結構落ち着いて話せます。

あとは、コミュニケーション能力もみられてるので、会話のキャッチボールができるように心掛けるといいかもしれません。
ランキングをチェック♪⇒にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

| リクルートの一覧 | 転職ちゃんねる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。